💎1億総CARAT計画💎

あなたもSeventeen、推しませんか?

No.4 ジュン(じゅんじゅんじゅん…)

[Seventeen メンバープロフィール紹介 no.4 ジュン] 

 

 

こんにちは、etudeです。1週間も開けてしまいました…5月は何かと忙しいですね…。

朝起きるのが苦手なetudeですが、[CALL CALL CALL!]のMV公開ということで、16日の朝は必死で起きてZIP!にへばりついておりました。(秒数少なかったけど…)

もうね、何したって尊いセブチが、必死で日本語練習して、頑張って流暢に歌えるように努力したんだなあと思うと…。ありがとう…。TT

 

フルは YoutubeとAbemaで公開されています。ぜひご覧ください。

www.youtube.com

↑セブチの日本デビュー曲!Keep Streaming yall!

 

今だって十分に人気なセブチですが、私のブログが少しでも日本のCARATを増やす手助けになりますように…。と思いながら本日ついに96年ラインのプロフィールを公開いたします💫

 

「上辺だけじゃない本人らしさ」を大事にした紹介ブログのつもりですので、前3人と合わせて楽しんでいって下さいね!

 

Seventeen メンバープロフィール紹介

 

No.4 Jun

 

f:id:pinwheel23:20180515203156j:plain

 

「イケメン」「イケメン」って言い過ぎだよ、と前3人のプロフィールを見てくださった方は思ったかもしれません。なんだかんだ言って言いたいことは結局イケメンじゃねえかよ、と。

 

本当それは申し訳ない。でもね、仕方ないんです。だってイケメンなんだもん。

御多分に洩れず、今回紹介するメンバーもイケメンです。

 

いや、イケメンって言っていいのか?そんな軽い言葉でこの人を形容することに抵抗を覚えます。

大丈夫ですか皆さん、この人ゲームのキャラクターじゃありませんよ。実在します。

 

彼の名はジュン。

またの名を「大陸の奇跡」と言います。

 

 

神様が「よーし、いっちょ完璧な顔のアジア人作るか〜!」と思って作ったようにしか思えない彼。

その場で息をしているだけで明らかに眩しいこの顔面が、セブチにおいてどのようなパフォーマンスを行い、どんな素顔を持っているのか気になりますよね?

 

実はこの人、かなりクセの強い人間です。ぜひ、彼の奥の深さにハマってください。

いざ、ジュンワールドへ…。

 

今回も

★基本データ

★呼ばれ方

★5大キーワード(本日のラインナップは以下)

  ①大陸の奇跡

  ②キラエロ声

  ③18禁パフォーマー

  ④不思議の国のムンジュンフィ

  ⑤ナルシストチャイニーズ

で紹介していきますので、お楽しみください✨

 

 

★基本データ

  • 本名:ムン・ジュンフィ(文俊辉 / Wen Jun Hui)
  • 芸名:ジュン(준/Jun)
  • 担当:Performanceチームメンバー
  • 出身地:中国広東省
  • 生年月日:1996å¹´6月10日

 

f:id:pinwheel23:20180514225106j:plain

 

 

 

★呼ばれ方(上:メンバー 下:(上記にない呼び方で)ペン)

  • ジュン、ジュニ、ジュナ、ジュニヒョン、ムンジュニ など
  • ムンジュンフィ、ジュンフィ、じゅんぴ、大陸の奇跡、幼女、不思議ちゃん など

 

いうまでもなくジュンの1番の特徴は中国人であるということ。

なんと彼、中国時代は子役として活躍しており、演技もバッチリ出来る、まさに演技ドル(ポテンシャル)。

セブチには他にもう1人中国出身のTHE8がおり、この2人が外国人枠ということになります。

 

ジュンフィという本名からそのままジュン、とした芸名。最初見たとき「日本人?」と思ってしまいますよね。これからの日本活動に向けても、覚えられやすい良い芸名です。

メンバーは以外と彼を本名の韓国風発音「ムンジュニ」と呼ぶことが多かったりします。

 

ペンにおいては「大陸の奇跡」というのが外せないあだ名でしょう。まあ普通日本のペンはじゅんぴと呼ぶことが多いですが!

キーワード1でたっぷりその所以について紹介しますね。

 

では早速いってみましょう、ジュンワールドへ!!!!

 

 

 

 

★キーワード1:大陸の奇跡

 

皆さんは人の顔を見て美しさに息を飲む、という経験をしたことがありますか?

私は2回だけあります。そのどちらも韓国のアイドルを生で見たときです。

 

1回目は、少女時代の初めての日本コンサート。ティファニーが目の前に来たとき、こんな生き物がいるのかと一瞬息をするのを忘れました。

 そしてetudeにとっての2回目は、生で見たジュンでした。そんなに近くもなかったのに、パッと見ただけで脳天をハンマーで殴られた気がしました。

 

人間には思えない、彫刻が命を吹き込まれたかのような美しさ。

それがジュンです。そのあまりの美しさにペンたちが「大陸の奇跡」と名付けたのも納得ができます。

 

 

f:id:pinwheel23:20180516215335j:plain

 

 

メンバーのホシも、「練習生時代に初めてジュンを見たとき、イケメンすぎる!と思った」と話しています。

ホシだけでなく、ことあるごとにメンバーはジュンの美しさについて触れているような気がします。

 

アジア人とは思えない堀の深い顔。スッと通った鼻と切れ長の瞳は、「この彫刻、ルーブル美術館に飾らなくて大丈夫?」と思わせるほど芸術的です。

 

f:id:pinwheel23:20180516215518j:plain

 

横から見たときの鼻の高さと言ったら…。アジア人の高さ制限軽く超えていってます。

神に愛された横顔。

 

もう正直言う言葉がでてこないんです、ジュンに関しては。

あまりにも完璧すぎて…形容する言葉さえ見つかりません…。

 

f:id:pinwheel23:20180516215654j:plain

 

「〇〇系イケメン」とか「〇〇っぽい顔立ち」とか、そういう言葉が一切この人に当てはまることはなく、「かわいい」も「かっこいい」も「イケメン」も「ハンサム」も物足りない。

 

「奇跡」という言葉でしか説明できない顔面なんです。

 

k-popにはかっこいい人がたくさんいて、セブチの中だけでも「この人は普通は見つからないくらいの顔面偏差値だ」と思うメンバーがたくさんいますが、

間違いなくK-POP男子界で最も美しい顔面はこのジュンが所有しています。

異論は認めません。

 

f:id:pinwheel23:20180516220505j:plain

 

ふっつうの人が来てたら「ちょっとダサいな」くらいの赤チェックシャツだって、この顔面が着用することで生まれ変わります。

 

f:id:pinwheel23:20180516220828j:plain

 

後ろの棚にかかってるTシャツがどんなにしわくちゃだって、この顔面を前にすればそんなのカケラも問題ではありません。

 

f:id:pinwheel23:20180516221140j:plain

 

顔面が整いすぎていると、どの瞬間を撮られても後光が指します。

 

f:id:pinwheel23:20180516221335j:plain

 

キャパオーバーなので言いたくなかったのですが()、実はジュン身長が180cmあります。

この顔面で180cmの高身長ってもう、何をコメントすれば良いんですか?

 

f:id:pinwheel23:20180516221905j:plain

 

空港にいるときのすっぴんだってこんなに美しいのに……

 

 

f:id:pinwheel23:20180516221956j:plain

 

正装なんてしてしまったらもう……

 

 

 

ごめんなさい。私には彼を説明する日本語が見つからなくて、写真を張り続けることしか出来ません。本当にごめんなさい。

世界がまだムンジュンフィに追いついていません。

 

もうこれからは世界共通言語として、最も美しいものを言い表すときに「ジュン」という言葉を使うということでどうでしょうか?

 

良いですか?良いですよね?ありがとうございます。

 

f:id:pinwheel23:20180516222430j:plain

 

 

そんな目で見つめないでくださいジュンさん。

 

言葉が見つからないジュンさんのお顔ご紹介でした〜😭(笑)

 

 

 

 

★キーワード2:キラエロ声

 

さて、パフォーマンスチームに所属するジュン。パフォチメンバーでは初めての登場になりますね。

パフォチというのはその名の通り、ダンスなど「魅せる」ことでセブチを引っ張っていく存在。ジュンもご多分にもれず大変ダンスがうまいです。

でもそのお話はキーワード3でたっぷりさせて頂くとして…。

ここではジュンの歌声について、お話させてもらいます!

 

でもその前に…ジュンが置かれている状況について言及して置かなければならないんです。

こんなにカッコよくて、背も高くて、どんなメンバーを差し置いても「セブチってイケメンいるね!」と言われる一番の理由はどう考えてもジュンなのに…。

ジュンの輝きがあってこそのセブチなのに、

ジュンは迫害されているんです。

 

語弊がある言い方ですが…でも本当に、歌詞のパートが少ないんです。ジュンは。

ひどい時はタイトル曲でも2秒だったり、3秒だったりします。

Seventeen - Pretty U Line Distribution (Color Coded) - YouTube

Seventeen - Very Nice Line Distribution (Color Coded) - YouTube

上のリンクは、line distributionといって、「その曲でどのメンバーがどれくらい歌のパートをもらっているか」というのを示した動画になります。

リンクを貼った[Pretty U] [Very Nice]は、どちらもセブチを代表する楽曲です。でもこの曲でジュンがもらえているパートはそれぞれ1節ずつのみ。

I can't take it no more 할말은 있는데

話があるんだ

 

신호등만 건너면 맛있는 가게 있어 (가자)
信号を渡ったら美味しいお店があるんだよ (行こう)

 

たったこれだけなんですTT 

同じパフォチのホシやディノと比べても全然少ないですよね。

 

「え、じゃあジュンってすっごい歌下手くそなんだ!」って思いますよね。

でもね、違うんです。とても素敵な歌声なんです、ジュンだって。

いっそ下手だったら納得がいくのに…全世界のペン達が悲しんでいることを事務所にもわかってもらいたいです。

いつかジュンにもたくさんのパートがもらえる日が来ますように…。

これは全ペン達の願いだと思います。

 

いきなり重い話をしてしまって申し訳ありません。でもジュンを語る上でやっぱりこの話は避けて通れません。このジュンが置かれている状況を念頭において、このあと純粋にジュンの歌について紹介したいと思うので見てってくださいね!

 

etudeは考えました。このジュンの歌声を表す言葉はなんだろう、と。

ジュンの声は"甘く"、割と歌う時の地声が高めです。

さらに空気を多く含んで囁くように歌ったり、「っ」を入れがちなクセを含めるとエロく聞こえます。

その2つがコラボすると…そう、キラキラしていて、かつエロい歌声が生まれるんです!

 

 

www.youtube.com

↑フォーカスビデオです。途中から始まってますがジュンパートからなので逆に好都合

 

私がジュンの歌声で「ジュンさん…キラキラしてる上にエロい!(変態)」って思ったのは[Crazy in love]という曲。(一度紹介しましたね)

もう聴いてください、聴いたらわかります。特にこの曲はエロさもある曲なので、なぜかエロいにもかかわらず後ろからキラキラの絵文字が見えるという、幸福な矛盾を体験できます。

 

떨어져 있어도 믿어 우린
離れてても信じてる 僕らは
Thinking about us woo 

お互いのこと考えている

 

という意味なのですが、「ッとろじょッ いそどみとうり」のとこヤバくないですか?え、なんかエロいし…甘いし…もう絶対この人ただ事じゃないって感じ出てませんか?

危険なアイドル感出てませんか?

etudeはこのパートだけで白飯食えます。

 

わかってほしいなあ…なんかね、エロい上にキラキラしてるんですよォ…(それしか言わん)

 

この曲はキラエロのバランスが取れている曲なのですが、キラ>エロになったバージョンはデビュー曲[Adore U]という曲。

 

www.youtube.com

ここではジュン歌い出しを担当しているのですが(それだけで泣ける)、

囁き声で歌っているにもかかわらず「キラキラ感」の方が強くないですか?エロさは感じません。

爽やかな感じがします。

 

요즘말야 내가말야 생각이 많아
最近さ 僕ってば 悩みが多いんだ

 という歌詞です。「よじゅまりゃ♪ねがまりゃ♪せんがきまな♪」と後ろにテンポのいい♪が見て取れるような元気な歌声。ジュンはこういう曲に合わせた声の表情の作り方もとっても上手です。

 

エロ>キラになるバージョンは、最近発売されたアルバム曲[Thinkin'bout you]という曲。

なんとこれ、ジュンがレコーディングしている様子が公式から発表されているのでぜひぜひぜひマストでご覧頂きたいです。

 

[SEVENTEEN] GOING SEVENTEEN SPIN-OFF EP.03 - YouTube

 

ジュンのレコーディングは2:43あたり。写っているのは次の次に紹介になる作詞・作曲担当のウジというメンバーですが、録音しているのはジュンのパートです。

 

매일매일이란 시간이 이 문제에 답은 못 줄 거란 걸 알아서 

毎日毎日繰り返す時間は この問題に答えてはくれないと知って 

나는 계속 반복해서

僕は常に繰り返す

 

という歌詞をレコーディングしているのですが、ウジPD、ジュンに「もう少し息を入れて!」「バラードを歌うような感じで」とリクエスト。するとジュン、一瞬にしてエロさを5割り増しに歌います。

「タブン(答え)」をはっきり!というリクエストにもバッチリ。

さすがウジ PD、ジュンさんが息を入れて歌うのがうまいことをわかってらっしゃいます。

 

でもジュンの歌声のエロさというのは、ただただ湿っぽいとかそういうことではなくて、ちゃんとアイドルっぽい明るさも常に含んでいると思うんです。

そういう点でこの曲でもキラエロだと思います。

 

私はジュンの歌声、大好きです。アイドルらしさも男らしさも、少年らしさもバランスよく併せ持っていて、どの曲にも対応できる歌声です。

事務所もそれをわかってくれたらいいのになあ

 

 

さて、そんなジュンがセブチを飛び出してステージたった曲を紹介してこのキーワードを終わりたいと思います。

 

www.youtube.com

 

これは[My Ear's Candy]という曲で、男女で歌う曲なのですが、この日はジュンとミンギュ(97年生まれ)がセブチから男性役として参加。ジュンは1:30から登場します。

 

これに関してはキラエロにさらにワイルドさまで加わって、もうちょっと収集がつきません。

そんな声でそんな見つめられて歌われたらちょっともういろいろ厳しいです。(何が)

 

これを見るときは覚悟して見るようにお願いします。もう女性陣のキャー!が悲鳴なのか歓声なのかわからないくらいですから。

 

あらゆる声のポテンシャルを持った歌手、ジュンさんのご紹介でした〜!!!!✨

 

 

 

★キーワード3:18禁パフォーマー

 

歌のパートに関してはジュンの不遇さについ熱がこもってしまったetudeでしたが、ジュンのパフォーマンスをご紹介する時がやってまいりました。

 

パフォーマンス、というだけあってパフォチのメンバー(+ホシ、ディエイト、ディノ)

は皆ダンスがとっても上手です。誰もがうまいセブチではありますが、やはりパフォチのメンバーになるともう1段上のレベルのダンススキルを持っています。

 

ジュンはその美貌とパフォチであるというポジションから、曲のはじめや終わりなどにバーーン!と出てきて一瞬でパフォーマンスに観客の視線を惹きつけるという役割をよくします。

 

例えば[Pretty U]という曲では、歌い出しのウォヌが始まる前にミュージカルが始まる前の支配人よろしくセンターでお辞儀をする振り付けがあったり…。

 

[Very Nice]では2サビが始まる時にメンバーがサッと割れてジュンがモーゼのごとく登場し、ばーんと足を蹴ってからどセンターでサビを踊る振り付けがあります。

www.youtube.com

↑公式があげているダンス練習動画です。鳥肌立つほどうまいのでみてください

2:24秒あたりからぜひご覧ください!足を蹴ってからトップで踊りはじめる時のキレの凄さと言ったら………。さすがパフォーマンス担当!圧巻のダンスです。

 

そしてそして、ジュンのパフォーマンスで終わる曲が[CLAP]。

ここでもジュン、最後に1列でメンバーが並び、「あ、終わるのかな〜」と思わせておいて、またもやモーゼのごとく登場、どエロい表情で拍手をして最後に全部持っていくという役割です。

 

www.youtube.com

ここで初めてセブチに触れる人は、素晴らしいステージの最後にイケメンたちをかき分けて登場したこの鬼のようなイケメンをみてセブチ沼に陥ったことでしょう。

 

www.youtube.com

同日のジュンフォーカスを見ていただきたいのですが、最後の表情とてもいいです。

音楽番組の取材でジュンが語っていたのですが、[CLAP]で最後のフリを任された時に、

「セブチがパワーアップして帰ってきた、今までとは違うセブチになったんだ」ということをわかってもらうように、最後に出てくる自分がそれを表現しなければならない!と思ったそう。

 

そこで、なんども鏡を見ながら練習して、セクシーな表情、最後にかっこよく決まる出かたなども悩みに悩んで決めたそうです。

ジュンなりに最後に出てくるビジュアルセンターということでプレッシャーがあったみたいですが、その甲斐あって[CLAP]は確かに少年だったセブチが大人の男になったんだ!というのをしらしめられた曲だと思います。

 

ジュンが頑張ってくれたおかげですね。こういうところがジュンは本当にプロ意識が高くてかっこいいです。

 

さて、ここまではビジュアルセンターとしてのジュンのご紹介でしたが、ここからはパフォーマンスチームメンバーとしてのダンススキルもご紹介したいと思います。

 

個人的にジュンがすごいと思うのは、腰や首などを使って踊る動きがとてもキレているところ。そしてそれがとても自然に見えるというところです。

ダンスのことはよく知らないetudeですが、この動きは筋肉ないと無理なんだろうな〜、ジュンはいとも簡単にやるなあ!といつも感心して見てしまいます。

 

 

そんなジュンのダンスが(ついでに歌も!!!!)思う存分楽しめる、ジュン推しには神のような曲が[HIGHLIGHT]という曲。

 

www.youtube.com

 ↑こちらもダンス練習動画。セブチの練習動画の中でも1,2位を争うシンクロ率だと思います

 

※同じような私服のホシというメンバーがいますが間違えないでください(笑)ジュンは最初に歌い始める人です。

 

f:id:pinwheel23:20180519145503p:plain

 

この人です。すでにキレがすごい。

 

f:id:pinwheel23:20180519145536p:plain

1サビでもど真ん中で踊ります。キレが尋常じゃないです。

 

f:id:pinwheel23:20180519145651p:plain

そしてCメロ。ここは軟体動物のような動き+手首や首のキレ、という高難度のスキルを求められます。

ジュンさん歌いながらカメラ目線もキメつつ踊るという、半端じゃない余裕です。

プロだ。

 

実はこの曲もともとはパフォチの4人だけで歌っていた曲なのですが、とてもいい曲だということでフルメンバーで披露することになり、こうなりました。でも13人の中にいるとより一層ジュンの余裕とキレが伝わってくる気がして私はこっちが好きです。

 

www.youtube.com

 

上はテレビで披露した時のものですが、ジュンさん最初から最後までどセンター!な感じでとても満足できます。

 

何より私が言いたいのは、あんな高難度を余裕でダンスするジュンの表情はとてもエロいということです。いい意味でジュンはダンスに集中していないというか、他のメンバーより常に余裕を持ってダンスしているように見えます。

 

だからあんなにエロい表情がすぐにできちゃうんです。

あれはお年頃の女の子には酷だと思います。

そういう意味で、18禁パフォーマーなわけです。(無理やり)

 

www.youtube.com

 

パフォチバージョンのMVも貼っておきます。こちらはもう、アイドルとかの領域を超えてきているパフォーマンスです…本当にこの人たちアイドルだっけ?って思います。

 

ダンススキルが高すぎて余裕で踊れちゃうジュンさん、ビジュアルセンターとしてセブチをカッコよくしてくれるジュンさんあってこそのパフォーマンスでした!!

 

 

 

 

★キーワード4:不思議の国のムンジュンフィ

 

やってきました、このキーワードが。ジュンを語る上でこのワードは逃すことができません。実はあのイケメン、なかなかのキチガイ。()

日本のペン達の間では#不思議の国のムンジュンフィというタグが回されるほど、何をやりたいのか謎なことが多いのです。

 

特にその光景が顕著に見られるのがVliveでの生配信を行っている時。ジュン、基本的に後列で立っていることが多いのですが、誰に言うでもなく一人で不思議な動きをしている時がよくあります。

日本のペンはそれを見つけては「今日もやってる…」となるのが得意です。

 

www.youtube.com

 

↑この方の動画ですぐにご確認いただけますので、ぜひどうぞ。

 

1人で突然踊り出したり、

黙ったかと思うと急に叫んだり、

いきなり爆笑したり、

突然踊ったり、

わけのわからない表情でカメラ目線したり、

突然踊ったり、

はっきり言ってちょっとキチガイです。(おい)

 

 

このジュンのわけのわからない癖に付き合わされているのが特にTHE8とウォヌの2名。

THE8は同じ中国人ということもあって、この2人は俗に「チャイナライン」「中華」「ジュンハオ(THE8の本名がミンハオなので)」というカップル名で呼ばれます。

 

ジュンの方が年上のはずなのですが、関係性は逆。クールなTHE8にジュンが絡み続け、困った兄貴のお守りをしている弟という関係性が生まれます。とりあえず尊い。

 

f:id:pinwheel23:20180522102613j:plain

 

この写真だけでも関係性が伝わるかと思います。(笑)

またコンビ紹介の時にこの2人は詳しくお伝えしますね…ふふふ…

 

そして、もう1人が同い年のウォヌ。

この2人は一見してあまり性格があわなさそうに見えますが、(クールなウォヌとキチガイなジュン)実は結構仲がよく、何よりこの2人でいる時は何故かウォヌもキチガイじみた行動をよくとります。

 

www.youtube.com

↑素敵な動画作ってくださっている方いますのでぜひ。

 

ジュンがキチガイをしている時はウォヌも黙ってそれに付き合い…。

ウォヌがマイペースすぎる時はジュンがそれを連れもどし…。

2人の世界が出来上がっています。

 

 

この2人は俗にいう「ウォヌジュン」「ウォンフィ(海外)」というカップルですが、お互いもっとメジャーな恋人がおり(ジュン→THE8,ウォヌ→ミンギュ)あまり注目されません。

が、etude的にはこの2人がお互いのマイペースさに付き合いつつ気を配りあってるところにキュンときます。ウォヌジュン推せる。

 

f:id:pinwheel23:20180522103502j:plain

個人紹介の時に紹介するつもりだったんですがウォヌは実は極度の噛み癖!!があり、ジュンはよくこの被害者になっています。(笑)

 

ジュンのこのふわふわな感じがメンバーに安心感をもたらしているのでしょうか。

 

 

www.youtube.com

 

作詞作曲をしている鬼 PDのウジさんも、ジュンとは同い年。

ウジは特にクール(ぶっている)なメンバーですが、ジュンのキチガイぶりと「シャララーン✨」という屈託のない笑顔を前にすると「しょうがねえやつだなコイツは」みたいな顔をしつつも嬉しそうです。

最初から最後までウジを超笑顔にさせるジュンさん、お強い

 

 

私はメンバーのジュンに対する「手のかかるキチガイだわ」という雰囲気と、そこからにじみ出る「けどほっとけない」と思ってる感がたまらなく好きです。

 

 

www.youtube.com

ジュンさんのお誕生日の話を個人生配信で語ってくれたジュンさんモーメンツです。

シャワーに13人が入るっていったいどういう状況なんですかね?

贅沢なこと言わないんで参加させて欲しい(贅沢)

 

とっても愛されてるジュンさん。

 

さて、この前AbemaTVのSVTクラブでクレックナ〜ゲームをやったのですが、その時のジュンのエピソードが「さすがジュン」という感じだったのでご紹介して終わります。

 

「クレックナ〜」ゲームとは?

バラエティなどでよくやるゲームです。ゲームというより、"この機会にいつもは言えない本音や文句を言わせてもらうよ"タイム!と言った方がわかりやすいでしょう。

互いに向き合って手を握り、文句を言う方も言われる方も見つめ合い、文句を言われた側は「クレックナ〜(そうだったんだね)」と真摯に受け止めて和解するという、なかなかにエグい時間です(笑)

 

f:id:pinwheel23:20180522180057j:plain

ジュンが指名された途端、メンバー皆が「ああ〜!あのことね!」と合点。

共通で皆が思っていることのよう。

 

f:id:pinwheel23:20180522180210j:plain

かかとで歩くのがクセって何事?

メンバーから「恐竜みたい」と言われるジュン。そりゃ大変だ。

 

f:id:pinwheel23:20180522180254j:plain

オンマであるジョンハンさんに怒られたジュン。

ここで普通の息子ならごめんなさいと気をつけるところですが…

 

f:id:pinwheel23:20180522180343j:plain

ジュン「いやだ!!!!僕はやる!!!!」(飛び跳ねまくる)

 

え?いや、あなた何歳よジュンさん!!!!(笑)

ママに叱られて逆のことやっていいのは5歳までですよ!!!

(真似するジョンハンさんの顔ケア)

 

f:id:pinwheel23:20180522180557j:plain

f:id:pinwheel23:20180522180617j:plain

 

いやどんな反抗期なの!!!!!(爆笑)

手がかかる息子さんですね、お母さん……(笑)

ちなみに上のテロップは「アニヤ〜(ダメだよぉ)、ジュナ、ハジマ〜(やめて〜)」と言う意味ですが、なんかこういうこと家で言ってるハニオンマ萌える。

 

ジュンのキチガイぶりには慣れているメンバーも、生活している中でそんなことされたらたまったもんじゃありませんね(笑)

本当に謎な子です。

 

しかしそんな迷惑をかけられながらもジュンを可愛がっている様子も伺えて、etude的にはこのクレックナ〜は好きでした(笑)

 

イケメンのクセの強い部分のご紹介でした〜〜!!!

 

 

 

★キーワード5:ナルシストチャイニーズ

 

みなさん、忘れていないでしょうか。ジュンはムンジュンフィ。中国広東省出身の純チャイニーズさんです。

日本やアメリカ圏に勝る市場規模を誇る中国でももちろん進出を図りたいセブチ。

今ではまだ中国での知名度はそこまでではありませんが、ネイティブ中国人が2人もいるポテンシャルを活かして香港や台湾のバラエティに出演することもよくあります。

 

英語はまだなんとなくわかる他のメンバーも、中国語になると本当に何を言っているのかわからない状態。

 

😁When Jun&The8 Speak Chinese [Seventeen]😁 - YouTube

 

↑こちらの動画では「何言ってんのこの人たち…」と不安そうな顔をしてるメンバーの様子が見て取れる動画です。ネイティブだからあたりまえなのですが、韓国滞在歴が長く外国人とは思えないほどペラペラの韓国語を話せるジュンが中国語で話し出すとちょっとびっくりしてしまいます(笑)

 

中国のインタビューになると、突然MCを任されたり先導して話すことの多いジュン。

いつもはキチガイでふわふわしているのに、急に率先して話し出すんですからギャップ萌えも甚だしいところです。ありがとうございます。

 

しかし、中国語がわからないメンバーにジュンさん、好き放題やっちゃいます。(笑)

あるインタビューで、今から言うことを繰り返して〜とジュンの中国語講座が始まるのですが、

その中国語の意味が「ジュンはかっこいい」「ジュンは世界一かっこいい人です」と言う中国語。

ただ全く何を言っているのかわからないメンバーは素直にそれを繰り返すのですが…。

 

スングァンと言うメンバーは大変感がいいので、何を言っているのかピンときていました(笑)

 

そう、ジュンさんかなりのナルシスト。

 

いや、でもいいんです。だってこんな顔持って生まれたら誰だってナルシストになりますよ。

ナルシスト結構。

www.youtube.com

 

こちらの動画をご覧いただきたいのですが、

f:id:pinwheel23:20180522204444p:plain

まずセブチとそのファンというコントをする3人(ホシ、スングァン、ディノ)にいきなり入ってきて、「セブチで一番かっこいい人?僕!!」と言うジュンさん。

空気を読んですかさず「すみませんでした」と謝って消えて行きましたが、しっかりナルシスト発動してます。

 

f:id:pinwheel23:20180522204620p:plain

 

こちらは鏡を使って即席カラオケを作り上げ練習しているジスハン(ジョンハンとジョシュア)兄さんたちの背後から急に現れて、

 

「鏡よ鏡。世界でお前より美しい男はいる?いない。」

 

と言い捨てて去っていくムンジュンフィ。

あまりにも突然すぎるナルシストテロにジスハンも言葉が出ません。

 

そう、前のブログで死ぬほど紹介したジョシュアとジョンハンの美しさを前にしても、おもいっきり自信満々にそんなことを言えてしまうのが彼なのです。

 

 

ちなみにGOING SEVENTEENというのは事務所公式のセブチのメイキングバラエティみたいなものなのですが、

よくジュンのナルシストテロのあとに「おりょ♩おりょ♩おりょたーが♩」という音楽がBGMで使われます。

 

これ、[Crazy in Love]のウォヌのパートの一説。意味は

「凍って 凍って 凍てついて」という意味。

そう、公式に事務所にもイジられるレベルでジュンさんのナルシストテロはひどいもんです(笑)

 

ジスハンも「ジュンはいっつもこうなんです」と呆れています(笑)

 

でも可愛いからよくないですか?いいですよね?私はジュンのナルシストテロ大好きです。

 

f:id:pinwheel23:20180522205424p:plain

 

かと思えばメンバーが消えていく中一人残ってフリーズ。なぜかと言ったら、「最後まで残ったら個人カットを撮ってもらえます」と一言。

努力を惜しまないナルシストです()

 

 

でもそんなジュン、とても心が優しくお兄さんらしい1面を見せる時もあります。

それが顕著に現れたのが何度かご紹介した[Pretty U]で1位を初めて撮った時の受賞の瞬間。

泣き崩れるメンバーを前に、自分も感動しているはずのジュンは、

あっちにいったりこっちにいったり、メンバーを安心させよう、気持ちを共有してあげようと一生懸命。

この時ばかりはリーダーのクプスよりもメンバー全員をよく見ていました。

 

本当にこのジュンを見るとetudeはとても感動します。

なんて紳士的で他人を見られる人なんだろう!と。

 

www.youtube.com

 

何がすごいって、

f:id:pinwheel23:20180522205854p:plain

 

滅多にスキンシップしたがらないウジが自らジュンに体を預けるほど…。

 

f:id:pinwheel23:20180522205956p:plain

 

メンバーが喜びに包まれている中、泣き止まないウジの涙を拭ってあげる優しいジュン。

辛そうにしていたり、一人違うところにいるメンバーを置いていかないその気配りに彼の優しさを感じます。

 

本当にいい人なんです。やるときはやるんです。

 

最近でも、ジョシュアがジュンに2人の思い出になっている飲み物をもらって、その時のことを思い出したよ、ありがとうといっていました。

メンバーを愛する気持ちがわかります。

 

[日本語字幕]carat land-ジュンのローリングペーパー SEVENTEEN - YouTube

 

上のリンクはファンイベントでメンバー1人に向けて他のメンバーが書いた手紙を読み上げるコーナー、ジュンのバージョン。

ジュンの日頃の優しさが伝わってきます。

 

実はふわふわと1人でいることが多かったり、キチガイしているところをメンバーにスルーされたりするせいで「ジュンはセブチで仲間はずれ」なんて噂が立つこともあるのですが、

「ひとりでご飯食べに行かないでよ!!」とメンバーに言われているように、ただただ彼はマイペースなだけ。

 

でもナルシストで面白い1面があったり、

自由奔放に過ごして年上を困らせたり、

そうかと思えば紳士としてメンバーを気遣ったり、

プレッシャーに勝って

ビジュアルセンターを立派に果たしたり…。

 

知れば知るほどジュンの奥の深さ、人間としての魅力にハマっていきます。

 

youtu.be

いつも笑顔で可愛くて、愛され続けるジュンぴ。

 

 

ジュン、セブチにいてくれてありがとう!

これからもその笑顔でナルシストテロ、たくさんしてね!!!

 

 

さて、お次に登場するのは我らがホシ!!!!

振り付けも担当しつつ、セブチでトップを争うテンションの高さを誇るバラエティ担当の彼、どんな才能を持っているのでしょうか。

 

f:id:pinwheel23:20180522210850j:plain

 

 

次はもっと早めに更新できることを願いつつ…。

見てくださったみなさん、ありがとう!アンニョーン!!!

 

※画像はすべてお借りしました。リンクはyoutubeのオリジナルになります。